あらゆる角度から『魔法先生ネギま!』を斬る!!つもりのブログ、のはずだったが最近はその趣旨からかなりずれている。マンガ全般について扱っているつもりのブログ。でも「ネギま!」のことは忘れないブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークしているネギまサイトさんを巡回していると、まだまだネギまには調べてみれば面白い事柄が沢山あるんだなぁと実感します。最近では統計をとったり確率を算出するものが多いようです。確率計算なら私も1回やりましたね。集計ってものは結構大変ですよね・・・。

さてさて、今回は「何故さよの存在が長い間知られてなかったのか」というテーマで軽く語っていきたいと思います。

普通なら『何故ってそりゃあお前・・・幽霊だったんだし見えないし・・・』と思われると思います。実にその通りなのですが、前後の状況を見るにどうにも腑に落ちない点があったのでここで言及してみたいと思います。

まず、さよが初めてクローズアップされたのはコミック9巻・74時間目でした。麻帆良祭の準備中に教室に現れたさよの姿が学内新聞に載るといういきさつでした。そしてネギが写真の幽霊はこの人なんじゃないかと名簿を見せ、アスナや朝倉たちがようやく出席番号1番・相坂さよという人物がいたことを知ります。

まずここで考えていただきたいことは、この一連の事件が起こるまで、さよの存在を知っていたクラスメートは誰だったのかということです。まずエヴァンジェリンにはさよの姿が見えていたので、彼女はその存在を知っていました。もっとも、3-Aの連中とは常に一線を引いているエヴァンジェリンのことですから、さよの存在を知っていてもそんなことを積極的にクラスメートに話す気などなかったでしょう。
しかしエヴァンジェリン以外にもさよの存在を知っていた人物がもう一人いました。それは刹那です。

修学旅行編で3-Aが新幹線に乗り込むとき、刹那は『エヴァンジェリンさん他2名が欠席したので』という発言をしています。他2名とは、明らかに茶々丸とさよのことです(赤松健総合研究所さんにも同様のことが記載されています)。ということは、この時点で刹那は少なくとも相坂さよという人物が3-Aに在籍していることを知っていたことになります(まさか誰が同じ班になるか知らないはずはない)。

では本当にエヴァンジェリンと刹那以外のクラスメートはさよのことを知らなかったのか、という疑問点が浮上します。これについては74時間目の「麻帆良スポーツ」の記事を読んでみると分かります。
記事中での亜子の『確かにウチのクラス出席番号一番が欠番やし』という発言がすべてを物語っています。「欠番」ということは、「出席番号1番の人はいるんだけど不登校か病欠でずっと学校に来ていない」という認識ではなく、「そもそも3-Aの出席番号1番は存在しない」という認識がなされていたことを意味しているのです。

ネギまの情報屋である朝倉やパルはもとより、刹那と仲がいい木乃香ですらさよのことは知りませんでした。なぜ刹那はさよのことを一切口外しなかったのか・・・・・・何気ない会話の中でちょっとだけでも話すことがなかったとは驚きです。ただでさえ情報の伝播が異常なほど早い3-Aだから、相坂さよの「あ」の字でも口に出したらあっという間に『さよはどうしたんだ』『座らずの席の謎を暴け』ということになるのは想像に難くありません。そこまで刹那は口が堅い人物だったでしょうか。確かに厳格に育てられたということはありますが、そこまでひた隠しにする理由も無いように思います。

むしろ、刹那の口の堅さという方向で考えるよりは、刹那もさよの存在を忘れていたと考えるのが自然ではないでしょうか。結果的にさよの存在感の無さが成せる業だった。そう考えた方がキャラの特性を活かした無理のない解釈になると思いますが、いかがでしょうか。

スポンサーサイト
というわけでございまして、本日6月9日は出席番号17番・『幸運をもたらすチアガール』椎名桜子の誕生日でございます!! 我がめいらく誣魯愚は桜子の誕生日を心より祝福します。おめでとう桜子!! 

今回は当ブログ初の誕生日企画ということなので(前回は企画倒れになったのでノーカウント)、それなりに気合いを入れて『桜子名言集』でも作ろうと思っていました。しかしそれはほにゃらば!さんに先を越されてしまい断念。そこで予定を変更して、「桜子が口を閉じている確率は何%か」ということを調べてみました。

確率を算出するには、桜子の登場コマ数と口を閉じているコマ数を数えなければなりません。各キャラの登場回数など調べれば一発で出てきそうなものですが、今回は独自の方法でカウントしました。
まず、明確に桜子の顔面全体が映ったコマが登場したコマとしてカウントしました。なので後頭部や尻などの一部分だけでは登場したと看做しませんでした。また、指をくわえていたり手で口を押さえているコマは、口を閉じているものと看做しました。
範囲はコミック1~14巻の129時間目までで(ゐたるは単行本派なので)、表紙・裏表紙も含みます。巻末の設定資料集は対象外。最初に登場する名簿は1回だけのカウント。回想シーンに登場した場合はそれぞれカウントしました。2巻に登場する初等科のシーンもカウントしてあります(桜子はアスナやいいんちょとは小1のときからのクラスメイトです)。

そんなわけでコミックを全て隅から隅まで調べ尽くしました。各巻の結果は以下の通りです。


(桜子の登場コマ数/口を閉じてたコマ数)

 1巻…44/2
 2巻…48/1
 3巻…34/3
 4巻…60/4
 5巻…14/0
 6巻… 6/0
 7巻…16/0
 8巻… 3/0
 9巻…32/1
10巻… 5/1
11巻… 7/0
12巻… 4/0
13巻…14/0
14巻…22/0

合計 309/12

確率 約3.88%


以上のような結果がでました。入念にカウントしたのでミスはない・・・はずです。今回は独自のルールを用いたので、人によっては多少の誤差は出るかもしれません。が、大体はこんなところです。

やはり桜子が積極的に描かれていたのは最初のうちだけだったことが窺えます。学祭の準備や亜子編ではいくらか登場回数も増えましたが、その他はさっぱり・・・・・・今後に期待か。やはり戦闘能力がないと優遇されないのかなぁ・・・

3.88%という数字をどう見るかは各自に委ねますが、私個人としては改めて桜子というキャラクターを数字で実感した思いです。いつも笑顔で振舞ってくれる桜子さん、いつまでもそのキャラクーを保ち続けて欲しいものです。調べていて気付いたのですが、桜子の初登場時は口が閉じてたんですね(コミック1巻・6ページ参照)。
ところで、いつも口が開いているキャラクターといえば『ついでにとんちんかん』の間抜作がいますが、あそこまで徹する必要はないでしょう。リアルタイムでアニメを見ていたあの頃が懐かしい。


さてさて、最後にクイズです。ネギまカルトQ!!

「桜子が提案した英単語野球拳で、桜子は何問間違えたでしょう?」

カンニングしてもいいんで、まずはじっくりとコミックを読んで考えて答えを出してみてください。答えが出たら↓の「続きを読む」をクリッククリック! 解答・解説が出ます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。