あらゆる角度から『魔法先生ネギま!』を斬る!!つもりのブログ、のはずだったが最近はその趣旨からかなりずれている。マンガ全般について扱っているつもりのブログ。でも「ネギま!」のことは忘れないブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。OADやら夏コミやら何かと慌しい夏が過ぎ去って行き、いよいよ馬肥ゆる秋を迎えようとしている今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

最近めっきり更新してなかったので何か掲載しようと思ったのですが、ズルズルと更新を先延ばしにしていたら9月になってしまいました。かといって新しいネタが思いつかなかったので、今回はPCの片隅に転がっていた、昔書いていた記事をコピペしたいと思います。

これはおそらく春先ごろに書いたものだと思います。あくまでコピペで、加筆・改筆などは一切しておりませんので御了承ください。内容は、ハヤテとネギま!の比較論についてです。


<以下コピペ>
―――――――――――――――――――――――――――――――――


果たしてブログをさながら日記帳のように更新してもよいものなのでしょうか。いつもならこういうチラシの裏っぽいことはmixiやネギま!SNSで書いているのですが、たまにはこういうこともいいですかね。よく比較されるネギま!とハヤテのことで1つ。

tanabeebanatさんの日記でネギま!とハヤテの比較について語られていましたが、実は私はハヤテを初めて読んだのがつい先日のことでして、それまでは登場人物はおろかストーリーまでロクに知らないでいました。今は1巻だけ手元にある状態で、2巻以降のストーリーはまだ知らないし新刊も買ってません。なのであまり深くは書けませんが・・・・・・

ハヤテを読んだ率直な感想として、物語の導入部分が簡潔だと思ったことが挙げられます。

「ハヤテ=主人公が借金返済のために令嬢の執事になった話」

ただこれだけのことです。これはネギま!においても同様です。

「ネギま!=主人公が魔法学校の卒業試験のために日本の学校へ来た話」

スタートはどちらの作品も非常に簡潔かつ分かりやすい展開です。もちろん最初から複雑な世界観を醸し出したりしたら、読者が辟易して続きを読む気が起きなくなるでしょうから当然といえば当然のことです。

他にも共通点として挙げられるのは、主人公とヒロインの絡みが物語の中枢となっていくということを、最初のうちに読者に想像させやすいこと。マンガにおいて恋愛というファクターは必要不可欠に近いものですから、これも当然といえば当然かもしれません。
あとは絵柄が万人受けしやすいということでしょうか。ハヤテはいかにも同人描いてくっれ絵で漫☆画太郎みたいな超個性的な画ではなく、漫画雑誌を最も買ってくれる年齢層を意識して無難にまとめられています(それでは面白くないと言う人もいそうですが)。

考えてみれば大まかな共通点はいろいろあるわけで、これら2つの作品が似通ったファン層を持つというのも分からない話ではないと思います。あとは世界観やストーリー構成で人気が左右されてくるわけですが、そこはまだハヤテをよく読んでいないので言及するのはパスします。

今の時点でこれだけはと言えることは作者の違いでしょうか。能力的な問題ではなくて、ブランドの問題です。私自身リアルタイムで「ラブひな」を読んでいたので、赤松健という漫画家がどういう絵柄でどういう作品を描くのかということは分かっていたつもりでしたし、私と同じように「赤松健の作品だから」ということがキッカケで読み始めた人も多いのではないでしょうか。





やはりそれだけ「赤松健」というブランドは魅力のあるものなのだと思いました。

ところで前述のtanabeebanatさんの日記にこんなコメントが寄せられていました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

「ネギま!」は赤松作品の集大成だと思ってます。過去作品での失敗を繰り返さないように綿密に計画が練られてるように見えます。さながら完璧な詰め将棋みたいに。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


まるで赤松先生が生涯最後の作品を描いているみたいな雰囲気ですが(笑)、おそらく赤松先生も描き始める前はかなり物語の展開の計画を練りに練っていたでしょう。しかし今は物語を描いてる途中で将棋のルールが変わっちゃったんで、ラストまでの棋譜を一生懸命書き変えている最中、って感じがします。
連載当初は「31人ヒロインの学園ラブコメディ」を謳っていたわけで、物語の舞台が学園から離れ、ヒロインとして扱われていたそれぞれのクラスメイトの登場回数に偏りが生じている今、当初の構想とだいぶ乖離していることはいうまでもないと思います。
まあ、描いているうちに中身が変わっていくのはごく普通にあることですからそれが良いとも悪いとも言えません。少なくとも「今の方がいい」「以前の方がよかった」というファンの好みの対立が起きるのは避けられないですが。







「全力でそれじゃないだろ。もう少しできるだろ!」
「媚びろ!もっと媚びろ!涼風くらいできるだろ!」(by木津千里)


つまりどういうことかっていうと、赤松先生が猫耳つけて「にょんたか」って言えばいい話なんですね。

期待しています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
<以上コピペ>


ところどころで妙な空白が空いているのは、おそらくここに何か文章を追加しようと思った跡だと思われます。しかし何か文章を追加したところで文章全体の大意は変わらないと判断したので、敢えてそのまま掲載しました。結局何を書きたいのかまとまりがつかないままになってます(笑)

ちなみに現在ハヤテは手元に16巻までそろえてありますが、まだ熟読するには至っておりません。あまり放置するとカームさんに怒られそうなので、早いうちに読んでおかないといけないですね。決して適当に「ヒナギクハァハァ」とかいって誤魔化そうとしているわけではありませんですよ。

水泳選手の間でスピード社の水着が話題になっています。「バンキシャ!」で『水泳選手が魔法の水着を次々着用』といっていましたが、私から言わせれば『魔法の水着』ってスク水のことじゃね?と思うのですが皆さんはいかが思われるでしょうか。


さて、久しぶりの更新となる今回は5月24日の「ネギのお茶会」開催記念といたしまして(参加できるかどうかわからないけど)、今後いかにしてネギま!を盛り上げていけるのかということを考えてみたいと思います。

マンガの人気を盛り上げるためには、やはりキャラクターの魅力付けが不可欠です。極端な話、キャラクターに魅力があれば読者はそのマンガを読んでくれます。読者にはいろいろな好みの読者がいますから、より多くの読者の好みに応えられるよう手広くカバーするということは割と基本的で大切なことだと思います。
もちろん私自身、ネギま!のキャラクターに関しては自分のストライクゾーンに入ったキャラがいるわけでして、そのおかげでネギま!という作品にドップリと浸かってしまっているわけです。

しかし最近になって何かが足りないような・・・・・・という疑問を抱くようになりました。他の作品では往々にして見られていることなのに、ネギま!には無いものがあるような、と。実にボンヤリとして抽象的ですが、そんな印象を受けるようになったのです。


<他作品との比較>


まずその疑問を具現化するにはどうしたらいいか考えてみました。最も手っ取り早いのは「比べること」です。ということで身の周りにある漫画やノベルを読み漁り、アニメを見まくり、ゲームをプレイしまくり・・・・・・と模索してみました。友人とマンガ談義をしつつこの疑問をぶつけてみたりもしました。すると、そうしているうちにふと気付いたことがありました。













ん?









んん?








これは・・・・・・












間違いない!






これです!まさしくこれです!


今のネギま!には八重歯が足りないのです!!





<ネギま!中の八重歯の扱い>


皆さんはネギま!キャラで「=八重歯が特徴」と思えるキャラクターといえば誰だと思われるでしょうか? おそらくアスナかくーふぇに八重歯があったような・・・・・・ぐらいにしか思われないのではないでしょうか。リアル友人たちに聞いてみたところ、ネギま!の八重歯といえばこのキャラだ!というのは皆無でした。
では実際にどれほどネギま!に八重歯が浸透しているのか調べてみました。最初に八重歯が描写されたと思われるシーンはこのコマです。








コミック1巻の20ページです。なんていうか微妙~なカタチですね・・・・・・
八重歯ってのは「大きく開いた口からチョロっとはみ出ているくっきりとした下向き三角形」というイメージで、こんな楯状火山を逆さにしたようなものではないと思うのですが。厳密に考えれば下のコマが記念すべき?最初の八重歯登場シーンだと思います。








うん、やっぱりこのカタチですよね。1巻127ページです。
このように八重歯が描写されているコマ数を1巻ずつ、どんな小さな八重歯も見逃さず調べていきました。一応、「楯状火山」もカウントしてあります。結果は以下のようになりました。


 1巻 アスナ5回 古4回
 2巻 アスナ6回 古8回
 3巻 アスナ6回 エヴァンジェリン3回
 4巻 アスナ1回 朝倉1回
 5巻 アスナ14回 刹那1回
 6巻 アスナ8回 エヴァンジェリン1回
 7巻 アスナ4回
 8巻 アスナ2回
 9巻 アスナ5回 エヴァンジェリン1回
10巻 アスナ1回
11巻 該当なし
12巻 エヴァンジェリン2回
13巻 アスナ3回 エヴァンジェリン1回
14巻 アスナ1回
15巻 アスナ8回 エヴァンジェリン3回
16巻 アスナ3回
17巻 アスナ1回
18巻 アスナ2回
19巻 アスナ5回 エヴァンジェリン1回
20巻 アスナ2回
21巻 該当なし
22巻 アスナ3回



但し、以下の点についてはノーカウントとしました。

・封印を解いているときのエヴァンジェリン
・犬歯
・明らかな付けキバ
・小太郎とか♂キャラ

なかなか犬歯と八重歯の違いというのも分かりづらいものですが、他の歯も一緒に見えていたり何本も同時に見えるときは犬歯だと見做しました。

するとどうでしょう、多数の八重歯がアスナに集中していることが分かります。巻数別に見ていけば修学旅行編や麻帆良祭最終日あたりに多いことが伺えます。つまり、アスナがバトルしている間に多く見られるというわけですね。
しかしアスナがヒロイン格であることを考慮すれば、登場コマ数に対して全体的に八重歯が描写される割合が著しく低いと言わざるを得ません。しかも修学旅行編以降にはガクンと八重歯が描写される回数が減っており、作品全体的にあまりにも供給が不安定です。
しかもこの数値だけではなく、描写される大きさにも注目したいところです。実寸大で1mm角ぐらいの大きさならば流し読むくらいでも視認できるほどの大きさですが、実際のところはもっと小さい0.5mm角ぐらいの八重歯が半分以上でした。つまりじっくり読まないと八重歯があるかどうかすら気付かないコマも多かったということです。これではネギま!に八重歯キャラが定着するはずがありません。


<八重歯を描写する意味とは>


今更言うことではありませんが、マンガの中における八重歯というのはキャラクターの特徴、チャームポイント、あるいは萌え要素として描かれます。そしてそれはマンガを読む人たちの間では常識に等しいことです。様々なキャラクターが八重歯によって人口に膾炙していることも事実です。

(もっとも、八重歯によってそのキャラクターが引き立っているのか、そのキャラクターの別の個性がキャラ自身を引き立たせているのであって八重歯は単に付随するだけのモノなのか、という議論はあると思います。今回それは別次元の話なので置いておきます)

もちろん八重歯だけでなく、読者に魅せるためのファクターは他にもたくさんあります。しかし広く認知されている以上、有効活用しない手はないと思うのです。ところがネギま!では前述のデータを見る限り、毎度欠かさず描写されるわけでもなく、かといって全く描かれないわけでもなく、とても中途半端な扱いを受けています。
せっかくの名高い萌え要素なのですから、もっともっと描写される回数が増えてもいいと思います。むしろ増やすべきですね。一人でも「八重歯キャラ」を確立すれば、それが読者=ファンの増加にも直結してくると思うのです。
なのでここで改めて宣言します。「今のネギま!には八重歯が足りない」と!!
八重歯万歳!!ヽ(´ー`)ノ


異論は気が向けば受け付けます。
異論だけにいろんな異論があると思いますが・・・・・・なんちゃって。


;y=ー( ゚д゚)・∵.

                                            



<SPECIAL THANKS>
水無月空(高校時代からの友人)
ほか、ゐたるの愉快な仲間たち
ご無沙汰しております。どんだけブログを放置プレイしてたんですかね、自分。自己嫌悪に陥りそうです。
やめるならやめる、書くなら書くで、こういう中途半端な状態は一番よくないと分かってはいるのですが、いかんせん自分はスターオーシャン2のクロード君より嫉妬深いヘタレなのでそういうことすら自分で決められません。
でも最低限、ネギま!が連載されているうちはこのブログを消すということはないと心に決めているので、いつ打ち切りになるか分からないし連載が続いているうちにやりたいことや書きたいことがあれば全て形として残していきたいです。

先日最新刊の22巻が発売されましたね。段々と「魔法先生ネギま!」から「魔拳先生ネギま!」にシフトしつつあるのがどうにも気になるのですが、某なのはみたいに「魔王」と言われない程度に描いてください赤松先生・・・・・・と密かに願っております。

今回の限定版はバッジがついています。白い羽のやつですね。みんなでこれをつけて秋葉原を闊歩すれば同士を見つけられるかもしれないという噂ですが、私はちょっと恥ずかしいのでまず謙太郎さんあたりに名古屋で実践してもらおうかなと思っています。頼んだ!


また、赤松先生の日記ではネギま!の応募者全員サービスについても触れられていました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

先日、ネギまの連載200回達成を記念して企画された、「完全原作準拠・
仮契約カード7枚組セット」ですが、いよいよ発送が始まったようで、既に
何通か絶賛メールが届いております。
確かに、このクオリティで500円は安いよなぁ~(^^)。一体どうやって
値段下げたんだろ。ちなみに、申し込み総数は2万1千通でした。

これに「ネギま部バッジ」も加えると、200話目当時のネギパーティの
リーダーとなることができるのだ!(その直後1枚増えたけど・・・)

具体的な遊び方としては、まず好きな女の子7人にカードを渡すのです。
そしてパクティオーごっこや、念話ごっこ、自室への緊急召還ごっこをする
のだっ!!(※完全に不純異性交遊なのでやめましょう)

―――――――――――――――――――――――――――――――――


まあカードなんて原価安
相変わらずのド変態ぶりですね(褒め言葉です)。
自分もそういう発想力がほしいです。

23~25巻には完全予約限定版としてDVDつきの単行本が出る予定らしいですね。しかし一人暮らしの身に¥3570×3はかなり痛いので、泣く泣く見送る方向で検討しています。おそらく同士の方々は1人最低3冊は買うと思うので、感想を聞かせてもらうなどして我慢しようと思います。


ところで来月のGWに開催される「図書館島の休日5日目」なのですが、諸事情あって行けない可能性が出てきました。しかし行けないと断言できるわけでもなく何とも微妙な状況です。個人的にはコチラも気になるので何とかして予定を空けたいとは思っています。せめてオフ会だけは参加したいと思いますので、当日はよろしくお願いしますm(__)m


以上、まだまだゆーな分が不足しているゐたるでした。



<オマケ>

こんな記事

うはw楊さん歓喜www
あっという間に師走になっていました。前回の更新からも相当の時間が流れてしまい、金木犀の香りもとっくになくなるどころか霜が降りてくる時期になってしまいました。オフレポも「とりあえずコードギアスを全話見てからにするか~」、(全話見終わって)「よし、コードギアスの次は『ef - a tale of memories.』だな~」などと暢気に過ごしていたら友人から「早くオフレポ書けこのバカ」と叱咤されてしまったので今回の更新と相成りました。

では前日の様子からいきましょう。



<11月17日>

その日の出発は11時の高速バスであった。前日のうちに東京入りして、ゆっくりと翌日の図書館島に備える。これは毎度のパターンである。なにやら8時のバスに乗る予定だったはし君は乗り過ごしてしまったらしいが、まあ彼なら何とかして東京に行くことぐらいできるであろう。御愁傷。


そんなわけでバス乗車。3列独立シートだから隣に座っている人に気を使うこともなくゆっくりできる。これはいい。

到着まで5時間ほど時間があるので、自分の部屋で積み本になっていた西尾維新の『刀語』を数冊持参していた。自分はかなり遅読・遅筆な人間だが、いくらなんでも5時間もあれば本の2冊や3冊ぐらいは読破できるであろうと思っていた。

そして途中3度の休憩を挟みながらバスは南へ走っていく。

・・・・・・・・

・・・・・

・・・

あ、もう全部読み終わっちまった。

さすがは西尾維新、読者を惹きつける作品を書くものだ。

しかしまだバスは那須あたりを走っていた。超ヒマだ。

・・・

寝るか。

zzz


(夢を見始めた。そこに現れたものは・・・・・・)

























先代の住職































`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!



夢で盛大に吹いたのは久しぶりだったぜ。

う、明らかに周りの人に変な人と思われてる。恥ずかちー。


16時半ごろ、東京駅八重洲通り着。そこからバスの中で読んでた『刀語』の続きを買うために秋葉原のK-BOOKSに行ってみた。幸運にも1冊だけあったので購入。その他、QMAのマラリヤ様のフィギュアなど数点を購入。早くも荷物を増やしてしまった自分であった。

その後、上野へ移動。浅草の都産貿まで歩いていく。辺りはすっかり暗くなっていた。

会場の下見は重要だよね。



前日の風景




これが図書館島前日に撮った会場の風景である。ご覧の通り、何もない。しかし明日には沢山の人が集まって、感動の出会いなどが生まれるのだろうと思うとそのときからワクワクしていた。

しかしあまりにも閑散としすぎて寂しくなってきたので、はし君に電話をしてみた。

確か今ごろは府中のビール工場でジョッキ煽った後でいい気分に浸っているはず・・・


Trrrrrrrr

Trrrrrrrr

Trrrrrrrr

Trrrrrrrr

Trrrrrrrr


出てくれなかった。畜生。


というわけで一旦会場を後にし、予約していたホテルへ向かう。東横イン浅草千束。

会場からめちゃ近かったです。歩いてすぐだった。


ホテルの部屋で荷物を降ろし、しばらく本を読んでいたら電話がかかってきた。


「着信中 はし」


キタこれ。


『もしもーし』

「あー、ゐたるさーん?」


コイツ・・・声のテンションからして明らかにできあがってやがる・・・!!

かなり電話の声が聞き取りにくかったが、会話の概要は以下のようなものである。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


『ヘパリーゼドリンク飲んでまた呑んでるんですよ~』

「あー、あの肝臓のやつな・・・」









肝臓に効く













「ゐたるさんはどうしてたんですか~?」

『いや・・・1人で寂しくなったから誰かと話でもしようかと思って』

「まあ、ホテルの有料チャンネルでオ○ニーでもしててください」

『そういや1週間ぐらい溜め込ん・・・いや、東横インには有料チャンネルはないんだが』

「明日うちで出す本を¥800のところ特別に¥1000で売りますから~」

『ありがたく買わせてもらうよ』

「そんなわけで~これからどんどん盛り上がるんで~ゐたるさんには二度と電話しないと思うんで~」

『・・・』

「死んでください」

『オメーが死ね』


(電話を交替して)


やくろ「死んでください」

テイル「死んでください」

『お前ら明日覚えてろよ?(#^ω^)』


プツッ、ツー・・・ツー・・・ツー・・・



まったく、前日からハイテンションで結構なことだ。

俺も明日張り切って行かないとな・・・

その割にはちょっと熱っぽくて眩暈がするんだが。早くも体調不良か??

こういうときはさっさと寝よう。常備薬(睡眠薬)を・・・

あれ・・・ない。

忘レテキチャッタ?



何故かその夜はなかなか寝付けず、結局眠れたのは4:30~6:00の間だけだった。

そして体調が良くないまま図書館島へ向かうことに・・・

大丈夫か俺!?


(次へ続く)
金木犀の仄かな香りが漂う季節となりました。
久しぶりの更新となります。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ご覧の通り、しばらくの間記事という記事を書いていなかったのには訳がありまして、『らき☆すた』や『さよなら絶望先生』を熱心に鑑賞した後、今度は『コードギアス』でも見るかーと思っていたところに友人から「早くブログ更新しろバカヤロー」と言われまして、嗚呼そういえばネギドラも始まったことだしそろそろ何か書いてもいい頃だな~と思い、今回の更新に至ったわけであります。
要は、浮気が原因でした。もちろん私生活上の問題もあったんですが、それはそれとして原因はまた別なところにもあったということで申し訳なく思います。

さて、今回はネギドラについてまたお話でもしていこうかと思っているのですが、当初は「ネギま!Parallel」だかなんだか、そんなタイトルが付くという話を聞いていたのですが実際は違うタイトルになっていたようです。
「Parallel」といっても私たちは今まで2回もアニメで「Parallel」なネギま!の世界を見せられていたわけですから、今更「Parallel」なんていう言葉で『これから展開する話はあくまで平行世界の話ですので』などと予防線を張ってもらう必要はなかったわけですね。

既にドラマの方は2話まで放映が終了したようです。私は内容というかドラマの存在そのものについて、以前の記事で書きたいことはほとんど書かせきってもらったので、改めて何も言うことはあまりありません・・・と言いたいところですがもう少しだけお付き合いのほどを。

1話だけかじってみましたところ、チワワが可愛かったことがやけに印象的でした(私は猫派ですが)。あとはワラワラと集まってくる生徒たちがバイオハザードを連想させたとか。これは各所で言われていることみたいですね。
mixiや楊さんのサイトでのアンケートなどにも書いたことですが、私には素人がつくった同人誌ならぬ同人ドラマだなという感じがしました。「同人」という目線で見れば見れないこともないかなとも思います。
ただやはり一般的な視点をもって見るといかがなものでしょうか。「『ネギま!』の名が付くものならイワシの頭だって好きになれる!」ぐらいの人じゃないと2クールでもeーよ(千雨のキャラソン風に)とはいかないかもしれません。私は『ゆーな』と名が付くものならサンマの頭だって好きになる自信はありますが(笑)

たとえ1万人に1人にしかウケなくてもそれで良しというか。むしろその1人のためにこのドラマは放映されていますという感じが否めません。それはそれで悪いことはありませんけどね。

実際のところはどうなんでしょう。あいにく、普段私がお付き合いさせていただいている方々は熱狂的なファン(フリークともいう)が多いものでして、概ね好評のようです。ならばこのドラマの使命は既に果たされていると言ってもいいでしょう。ドラマ中の設定などで『ネギま!』をまったく知らない人にとっては内容が理解できないであろうという弊害はありますが、ファンを満足させたんですから、それ以上何を望むことがあるでしょうか。

しかしせっかく実写化したのだから「熱狂的ファンのためのオ○ニー素材」に終始することなく、『ネギま!』の知名度に少しでも貢献できたりすればいいのにな~などと思うのは無粋というものでしょうか(深夜放送でしかも地域限定の放送では知名度に貢献できるとはいい難い)。


さて、今回はここまで。次回は原作でもドラマでもさっぱり目立っていない那波千鶴について書いていこうと思います。mixiやネギま!SNSで「千鶴について書く!」と公言してから数ヶ月が経過し、そろそろ書かないといけない気がするので・・・

それでは皆さんごきげんようノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。